特別養護老人ホーム
  昭和56年 9月   宮城県から、全国初の利用者入所のまま強制競売にかけられた
  特別養護老人ホームの引き受けの要請が庄慶会にあり
  昭和57年 3月25日   入札により落札 (利用者50名、全職員をそのまま引き継ぐ)
 昭和57年 4月 2日     宮城県知事より開設認可を受ける
 昭和57年 7月 1日    特別養護老人ホーム「洛風苑」として開苑
  昭和57年11月30日   第一期 環境整備工事 完了 
  昭和58年 6月30日   第二期 環境整備工事 完了 
  昭和61年 3月20日   増床工事 完了
  昭和61年 4月 1日   長期入所100床 短期入所6床として増床オープン
  平成 元年 8月 6日   台風13号により広瀬川が増水し 床上浸水 利用者避難
  平成 6年 9月30日   台風26号により広瀬川が増水し 床上浸水 利用者避難
  平成 7年 8月 2日   短期入所増床 11床とする
  平成 7年 9月30日   一泊旅行会 実施 (1年以上前から準備)
  利用者57名、家族17名、ボランティア40名、職員22名 参加
  平成23年 3月11日   東日本大震災発生 建物に一部被害があるものの全員無事
   
   
生活の様子
グループ